ワンダースクールとは、身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイトです。

新規登録

魚を折り紙で作る簡単な折り方って知ってる!?

公開日: 2017/10/06

水の中をスイスイと泳ぐ生き物「魚」。色とりどりのさまざまな魚が泳ぐ水槽や水族館は見ていて癒されるという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、ポピュラーな魚である「金魚」と「鯉」の基本的な折り方について、まとめてご紹介します。おりがみの色を変えるだけでも、簡単に雰囲気の違う魚を作ることができるので、子供と一緒にいろいろな魚を作ってみましょう。

目次
最も簡単な作り方で魚を作ってみよう!
ちょっと難しい?鯉の折り紙での作成に挑戦しよう!
まとめ
ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

最も簡単な作り方で魚を作ってみよう!

手順1 上下、左右に角がくるようにおりがみを置き、左右の角を合わせて縦長の三角形に折って折り目をつけたら元の状態に戻します。画像の点線のように折り目がついていれば大丈夫です。

手順2 上の角を下の角に合わせる、山が下にある逆三角形になるように折りましょう。

手順3 左右の角を下の角に合わせ、中央線に沿って折り下げます。折った後が四角になっていれば大丈夫です。

手順4 手順3で下の角に合わせた左右の角を上の角に合わせて半分に折り上げます。

手順5 手順4で上に折り上げた左右の角を斜め下に向かって折りましょう。

手順6 下の角の上の1枚を折り上げます。このとき、上の角に合わせず、少し下にずらした位置にするのがポイントです。

手順7 手順6で少し余った部分を折り上げます。ここまでは『兜(かぶと)』の折り方と同じ要領で折ることができます。

手順8 左右の角から中心に向かって、ハサミで少し切り込みを入れます。点線の長さくらいが目安です。

手順9 ひっくり返して、下の角を上の角に合わせるように折りましょう。

手順10 袋になった内側に指を入れ、四角になるように広げたら、右の角を内側に少し折りこみます。

手順11 右側の白い部分を外側へ広げるようにしながら広げ、形を整えたら完成!

大きなしっぽをひらひらとさせながら泳いでいる姿がかわいい金魚は、魚の種類の中でも身近な生き物ですよね。

しっぽの部分は小さな子供には作るのが少し難しいかもしれませんが、基本的な手順に沿っておりがみを折れば、かわいい金魚を作ることができます。

手順6で折るときにずらす部分を変えれば、印象の違うおりがみの金魚になるので、基本的な作り方を覚えたら、アレンジしてみても面白いかもしれません。

画像と解説だけでは完成できないという人は、動画でも詳しい手順を確認できるので、チェックしてみてくださいね。

ちょっと難しい?鯉の折り紙での作成に挑戦しよう!

手順1 折り紙の角が上下、左右にくるように置きます。下の角を上の角に重ね合わせて三角形になるように折り、しっかりと折り目をつけたら元の状態に開きましょう。

手順2 下の角から左の角までの辺を手順1でつけた折り目に沿うように三角に折ります。上の角から左の角までの辺も同じ要領で折りましょう。

手順3 ひっくり返して、左の角を右の角に重ね合わせるように折ります。

手順4 裏返し、下側の真ん中の角を外へ引っ張るようにしながら三角に折ります。上側の真ん中の角も同じ要領で三角形に折りましょう。

手順5 右側の角の1枚を開き、四角にします。

手順6 左側の角を中心に合わせて折ったら、下の角を上の角に合わせて半分に折ります。

手順7 左側の角を斜め下に折り下げます。裏返して、右側にある角を斜め下に折り下げましょう。それぞれ重なり合うように折ると仕上がりがきれいですよ。

手順8 左側の角を内側に半分に折り曲げ、角を少し引き出してしっぽを作ります。

手順9 両面にペンで目やうろこを描けば完成です。

優雅に泳ぐ鯉。口部分にクリップをつけ、割りばしなどの棒に磁石をつけた紐を結べば、鯉釣りを楽しめます!

紹介した手順で子供と一緒にさまざまな鯉を作ったら、簡単にできるおもちゃにアレンジして遊んでみてくださいね。

画像と解説だけではわかりにくいという方は動画をチェックしましょう。

まとめ

おりがみで作る魚はかわいいですが、作ったら終わりではありません。いろいろな種類や色の魚を折って水色の画用紙などに張り付ければ、手作り水族館の完成!

工夫することで手作りおもちゃにも大変身するため、自分なりのアレンジで楽しむのもおすすめです。

画像や動画をチェックしながら、是非いろいろな魚を作ってみてくださいね!

ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー