ワンダースクールとは、身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイトです。

新規登録

猫を折り紙で簡単に作る方法とは!?

公開日: 2017/10/06

ポピュラーなペットの一種である「猫(ねこ)」。ここでは、おりがみを使ってその猫ちゃんの顔を作る方法について2種類ご紹介します。 立体的な顔ではなく、平面的な顔の作り方のため、保育所に通っている小さいお子様でも作りやすいです。画像や手順を確認し、難しいところは動画をチェックしながら、是非お子様と一緒に作ってみましょう!

目次
平面で一番簡単な「ねこ」の折り方
平面で面長の大人っぽい猫の折り方
まとめ
ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

平面で一番簡単な「ねこ」の折り方

手順1 角が手前にくるようにおりがみを置き、縦長の三角形になるように折ったら折り目をつけて元の状態に開きます。

手順2 下の角を上の角に重ね合わせ、三角形になるように折ります。

手順3 山が手前にくるように置き、左右の角を斜め下に折り下げましょう。左右対称になるように折るのがポイントです。

手順4 手前の角を、中心の折り目に沿って上に少し折り上げます。手順3で折った部分に重なるように折りましょう。

手順5 ひっくり返し、ペンで目やヒゲなどを描いたら可愛い猫の完成です!

シンプルな手順で作れる猫。複雑な折り方が難しいお子様でも簡単に可愛い猫を折ることができます。サイズの違う折り紙を用意し、猫の親子を作るのも楽しいかもしれません。

画像と解説でご紹介しましたが、動画でも詳しい折り方を説明しているので、是非動画も見ながら自分だけの猫を作ってみてはいかがでしょうか。

平面で面長の大人っぽい猫の折り方

手順1 手前に角がくるようにおりがみを置き、三角形になるように縦半分に折って折り目をつけ、元の状態に広げます。

手順2 手順1でつけた折り目に沿って、左右の角を三角になるように折って折り目をつけたら再び元の状態に戻します。

手順3 手順2でつけた左右の折り目の部分に合わせ、三角形になるように下の角を折り上げます。

手順4 手順3で折った三角を隠すように、真ん中の縦の折り目に沿って左右の角を折り、三角形にします。

手順5 左右の角を縦の折り目に沿うように三角に折り、しっかりと折り目をつけたら元の状態に戻します。

手順6 縦の折れ目に沿って折った中央の角を上に持ち上げ、右の角を内側に折りこみます。左の角も同じ要領で内側に折りこみましょう。

手順7 上の角を下に折り下げます。

手順8 ひっくり返し、目や鼻、口などをペンで書けばかわいい猫ちゃんの完成!

シャープな顔が大人っぽい猫ちゃん。おりがみの色を紫や黒などにすることでより大人っぽくできます。しっかりと折り目をつけて折りすすめるだけなので、比較的簡単に折ることができますが、角を内側に折りこむところは写真だけでは難しいかもしれません。

折っている途中で難しいと感じる手順があれば、動画も確認しながら折ってみてくださいね。

まとめ

同じ猫ちゃんでも顔の形が分かれば雰囲気が変わります。折り紙でも折り方を変えていろいろな猫ちゃんを作ると楽しいでしょう。

黒いおりがみで折れば黒猫の完成!季節のイベントのひとつであるハロウィンの飾りとしても使えます。

小さなお子様でも比較的簡単に作ることができるので、ご紹介した手順や動画を参考にさまざまな作品を作ってみてくださいね。

ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー