ワンダースクールとは、身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイトです。

新規登録

超リアル?折り紙で立体的なカニを作ってみよう!

公開日: 2017/11/14

川や海にいるカニは、横向きに歩くのが大きな特徴の生き物です。ここでは、折り紙を使って立体的なカニを作る方法をご紹介します。折り紙の中でも難易度が高い立体的なカニですが、同じ手順を繰り返すことも多いため、手順通り折りすすめれば折り紙初心者でも上手に折ることができます。好きな色の折り紙を用意したら、早速折っていきましょう。

目次
ちょっと難しい?リアルなカニの折り方にチャレンジしてみよう!
まとめ
ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

ちょっと難しい?リアルなカニの折り方にチャレンジしてみよう!

手順1 折り紙の表面を上にして、手前に角がくるように置いたら、左の角を右の角に重ねて縦半分の三角に折って広げます。次は、下の角を上の角に重ね合わせて横長の三角になるように折って広げましょう。折り紙に点線のような折り目が入っていればOKです。

手順2 手順1を折ったときにできた十字の中心に角を合わせて折ります。上下、左右の角を折ると写真のような状態になります。

手順3 ひっくり返し、角が手前にくるように置いたら、下の角を上の角に合わせて三角になるように折ります。さらに、右の角を左の角に重ね合わせ縦半分に折りましょう。

手順4 右下の角が上にくるよう90度左へ回転させます。下の袋になったところから指を入れて広げ、四角に折ります。ひっくり返して、左の角を反対側へ折りずらし、同じように袋の部分から指を入れて売り側を広げ、四角になるように折りましょう。折れたら、上の角が下にくるよう180度回転させます。下の2枚目の写真のように袋状になっている角が上になっていればOKです。

手順5 下半分が三角になるよう、左右の角を中心の折り目に沿って折り、折り目をつけたら元の状態に戻します。右側の角を持ち上げ、内側を開いて折り広げます。

手順6 ひっくり返し、手順5と同じように下半分が三角になるよう、左右の角を中心の折り目に合わせて折って折り目をつけ、元に戻します。戻したら右側の角を持ち上げて内側を開きながら折り広げましょう。

手順7 残りの角も同じように内側を折り広げていきます。すべての角の内側を折り広げたあと、画像のような状態になっていれば大丈夫です。

手順8 上半分が三角になるよう、左右の角を中心線に合わせて折ります。折り目をつけて元の状態に戻したら内側を持ち上げ、折り目に合わせて折っていきましょう。

手順9 その他の面も手順8と同じ要領で上半分が三角になるように折り、折り目をつけて元に戻したら、内側を開いて折ります。すべて折ると画像のような状態になります。ここまでできたら、一度全部開きましょう。

手順10 折り紙を開いたら、ハサミで4か所に切り込みを入れます。ハサミで切り込みを入れる箇所は画像の点線部分の4か所です。

手順11 手順9の広げる前の状態まで折り戻します。折り方は、手順2から手順9までの手順と一緒です。写真の状態まで折り戻したら、下を向いている角を左右の角のところで上に折り上げましょう。

手順12 180度回転させ、左の角の上2つを右へ折りずらし、重なっている部分を引っ張って広げます。破れないようにやさしく引っ張りましょう。四角の面が現れていれば大丈夫です。

手順13 広げた部分の中心を上にして、四角に折ります。四角に折れたら内側を広げ、折り目に沿って折り広げましょう。

手順14 ひっくり返し、反対側の面も重なっている部分を引っ張って広げます。広げたら、手順13と同じように広げた部分の中心を上にして四角に折り、内側を折り広げます。残りの白い面も同じよう要領で折りすすめましょう。

手順15 左右の角を合わせるように中心へ向かって折ります。左側を右へ2つ折りずらし、同じように左右の角を中心に向かって折ります。折れたら、残りの部分も同じように左右の角を真ん中で合わせるようにして三角に折っていきましょう。

手順16 すべて折れたら、手順15の折った部分ではない面の下の角を上に折り上げていきます。写真のように、左右に4つずつ折り上げましょう。折れたら内側を開いて少し折り曲げます。

手順17 一番上にある折り紙の上の角を下に折り下げます。

手順18 右へ2つ折りずらして上の角を折り下げます。折りずらした分をもとに戻し、今度は左へ2つ折りずらして同じように上の角を折り下げましょう。下の1枚目の写真のようになったら、折り下げたそれぞれの先端を上に向かって折り上げます。

手順19 1つめの上の角を、奥側の隙間に入れ込むようにして下に折り下げます。

手順20 上下の角の先端を段になるように折ります。上側は左に引き寄せるようにして折り、下側は右に引き寄せるようにして折りましょう。

手順21 下の部分を上の部分に合わせるようにして折り合わせ、最後に形を整えれば出来上がり!

今にも動き出しそうなリアルなカニの作り方をご紹介しました。一度折り目をつけてから折り紙を開き、切り込みを入れてから再び折り目に合わせて折りすすめて作るという細かく複雑な工程が多いため、小さな子供には難しいかもしれません。大人でも折り紙初心者では難しい傾向にあります。ただ、しっかりと折り目をつけておけば、折り目に合わせて折りすすめるだけです。手順1から手順9までの工程を丁寧に行うことがきれいに仕上げるポイントですので、時間がかかっても丁寧に折っていきましょう。
難しいけれど、完成すれば達成感を味わえる立体的なカニ。折り紙の上級者向けの難しさですが、チャレンジしたい方は手順や画像と合わせて動画もチェックしながら作ってみてくださいね。

まとめ

今にも動き出しそうなリアルな仕上がりが魅力のカニ。しっかりと自立するため、棚の上などにちょこんと置いて飾ることもできます。複雑な工程も多く、大人でも苦戦してしまうかもしれませんが、手順通り折りすすめれば折り紙初心者でも上手に折ることができます。難しさMAXですが動画も参考にしつつ、立体的なカニを作ってみてくださいね。

ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

この記事をいいねと思ったらクリック!

2ワンダー