【簡単】折り紙でひな人形を作ろう!きれいに折るポイントとは?

公開日: 2020/01/15

女の子の健やかな成長を祈る年中行事といえば、3月3日の「ひな祭り」ですね。正しくは、上巳(じょうし、じょうみ)の節句というようですが、ちょうどその頃は桃の季節なため、今では「桃の節句」という美しい名前で呼ばれるようになりました。 人形(ひとがた)、あるいは形代(かたしろ)と呼ぶ草木または紙や藁で作った素朴な人形に、自分の厄災を移して海や川に流した祓い(はらい)の行事と、平安時代に始まるお人形遊び(ひいな遊び)とが結びついて、現在の「ひな祭り」となったようです。 今回は折り紙で作る手作り「ひな人形」をご紹介します。

目次
折り紙でひな人形を作って飾ろう
折り紙で作るひな人形の折り方【めびな(お雛様)】
折り紙でひな人形をきれいに作るポイント
お子さんと一緒に日本の文化や伝統に触れる良い機会にしてみては?

折り紙でひな人形を作って飾ろう

「折り紙」とは、紙を折って様々なものの形を作る日本伝統の遊びです。元々は上級武家が和紙で物を包むために使用していた折形、折形礼法から礼法部分がなくなり、庶民へ遊戯用に広く発展・普及したものといわれています。みなさんも、何度となく鶴などを折って遊んだことがあるのではないでしょうか?

今回ご紹介するひな人形は、はさみやのりが不要で、とても簡単なので、小さなお子さんでも作れます。画像を参考にしながら、ぜひ親子で一緒に作って、ひな祭りを楽しんでみてください。

折り紙で作るひな人形の折り方【めびな(お雛様)】

それでは、まず「おびな」の折り方をご紹介します。

1.折り紙を裏にし、4つの角が上下左右にくるように置きます。
2.三角形になるようにタテ半分に折り、折り目をつけて戻します。
3.左右の角が折り目で合わさるように三角形におります。
4.残った上の角を下に降り下げます。
5.下の角を、3で降り下げた三角の角の位置で上へ折り上げます。
6.左右の角が合わさるように折ります。(画像参照)

※ここから、「おびな」と「めびな」の折り方が変わります。
7.上の角を下に折り、また折り上げます。(段折り)
8.裏側にひっくり返して、下を1cm弱折り上げます。
9.「おびな」のできあがり。

次に「めびな」の折り方をご紹介します。途中までは「おびな」と同じ折り方です。

1.折り紙を裏にし、4つの角が上下左右にくるように置きます。
2.三角形になるようにタテ半分に折り、折り目をつけて戻します。
3.左右の角が折り目で合わさるように三角形におります。
4.残った上の角を下に降り下げます。
5.下の角を、3で降り下げた三角の角の位置で上へ折り上げます。
6.左右の角が合わさるように折ります。(「おびな」の画像参照)

※ここから、「おびな」と「めびな」の折り方が変わります。
7.裏側にひっくり返して、上の角を折り下げます。
8.下を1cm弱折り上げます。
9.「めびな」のできあがり。

いかがですか?
かわいらしい「おびな」と「めびな」ができあがったと思います。

完成したら、「おびな」と「めびな」に色を塗って、顔を描いてあげるとよいでしょう。ググッとオリジナリティがアップして、世界でひとつだけのひな人形のできあがりです!

折り紙でひな人形をきれいに作るポイント

手作り感のある少し傾いたひな人形もかわいいものですが、せっかくなのできれいに折るポイントをご紹介しましょう。

きれいに折る

きれいな作品を作るためには、何よりも、折り紙をきれいに「折る」ことが大切です。
きれいに折るポイントとしては、折る前に「折り目」をつけておくとよいでしょう。

ひな人形の作り方の最初のステップは、対角線上の角と角を合わせて三角形を作ることから始まります。(これは、「三角折り」と呼ばれています。)三角折りは、折り紙の基本中の基本の折り方なので、しっかりとマスターしましょう。

きれいな三角折り

「三角折り」は以下の手順で折っていきましょう。
1. 折り紙の角の部分が上下の向きになるようにして、平らな机の上に置きます。
2. 手前(下)の角を奥(上)の角にきっちり合わせて、重ねます。
3.合わさった部分(頂点)を、片方の手の指でしっかりと固定します。
4.反対の手で頂点から下へ垂直に指でたどり丸まっている部分までおろし切ります。
5.おろし切ったら、指を横にスライドさせて、きっちりと折ります。

きれいな三角折りのポイントは、頂点を合わせた後の工程(3)にあります。せっかく、きちんと角と角を合わせても、その後に下の丸まっている部分を真上から指で押さえつけるだけでは、結果的に頂点がずれてしまい、きれいに折れません。必ず、頂点を片手で押さえて固定し、反対の手の指を下に向かって下ろしていくようにしましょう。

折り紙では、紙を折っていく工程で、1回、1回指に圧力をかけて横にスライドさせながら折り目をつけることで、ずれにくくなりきれいに仕上がります。
折り目をつけるときは、指を2回ほどスライドさせることで強くつき、仕上げに差が出ます。

折りへらや定規を使う

折り紙を折っていると、紙が重なることでだんだん厚みが増し、折り目がつきにくくなってきます。
そんなときに便利なのが「折りへら」という道具です。折りへらを使うことで、紙にきれいに折り目をつけたり、すじを入れたりすることができます。また、折り目をこすることで、折り目が強くなり、仕上がりがきれいになるのでおすすめです。折りへらには、いろいろな種類がありますので、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。折りへらを持っていない場合は、コンパクトな定規で代用してもいいですね。

柄のついた折り紙を使う

折り紙で作るひな人形の見た目の美しさは、折り紙の材質や柄によっても変わってきます。
着物の柄のような千代紙や和紙、花柄の折り紙など、どのような折り紙で折るかによって、それぞれに違った趣のある「おびな」と「めびな」が完成します。あえてポップな折り紙で折ってみると元気な雰囲気になるので、ぜひ、試してみてください。

「おびな」の着物は何色にしようか、「めびな」の着物はどんな模様にしようかなど、折り紙選びからこだわると、さらに楽しくなること間違いなしです。

お子さんと一緒に日本の文化や伝統に触れる良い機会にしてみては?

「おびな」と「めびな」が完成したものの、一体、どちらの位置に座らせるのが正しいのでしょうか?

現在、一般的に広がっている関東雛は、「おびな」は向かって左側に座っています。これは大正天皇がご即位式で西洋式に皇后陛下の右側に立たれたことから風習として広まり、全国的にも今はこのスタイルが主流となっているようです。

一方で、京雛と呼ばれる京都のひな人形は、関東雛とは逆で、「めびな」が向かって左側に、おびなは右側に座ります。

また、「おびな」が持っている品は「笏(しゃく・あるいはこつ)」と呼ばれる細長い板のような形もので、威儀を正すために男性が持つものとされています。「威儀を正す」とは難しい言い回しですが、身だしなみを整え、礼に沿った威厳のある所作を行うということです。

「めびな」が持っている品は、「檜扇(ひおうぎ)」という、木でできた扇です。宮中で行われる行事のお作法などが記されていたり、女性の顔を覆ったりする役割も担っていたようです。

平安時代、宮中では女性が人前でみだりに顔を晒すことは、あまり良いことではないとされていたため、礼儀のひとつとして用いられたと考えられています。

ひな人形を折り紙で手作りすることは、様々な日本の文化や伝統を知る良い機会となるでしょう。お雛様が手に持っている扇の意味などをお子さんと一緒に話し合いながら、折り紙を楽しんでみてはいかがでしょうか?

<参考サイト>
https://thewonder.it/class/3099/description/
https://www.ningyo-kyokai.or.jp/sekku/momo.html
https://www.hinaningyou.jp/know04.html

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー