ワンダースクールとは、身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイトです。

新規登録

折り紙で椿(つばき)は作れる?簡単な椿の作り方を紹介するよ!

公開日: 2017/11/14

日本が原産といわれている椿(つばき)は、ツバキ科の常緑中高木です。赤色の花びらの椿を連想する人が多いかもしれませんが、白色やピンク色などの花色もあります。お花をよりきれいに見せてくれるつややかな光沢感と厚みのある葉っぱも椿の特徴のひとつで、庭木としても親しまれています。ここでは、折り紙を使って椿を作る方法を写真や動画でご紹介します。

目次
簡単な椿(つばき)の花の折り方
まとめ
ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

簡単な椿(つばき)の花の折り方

手順1 好きな色の折り紙を1枚用意し、折り紙の角が手前にくるように置いたら、右側の角を左側の角に重ね、半分に折ります。縦長の三角形になるように折れば大丈夫です。しっかりと折り目をつけたら、元の状態に折り紙を戻しましょう。

手順2 次は、下側の角を上側の角に重ね合わせて、横長の三角形になるように折ります。手順1と同じように、しっかりと折り目をつけたら元の状態に戻します。グレーの点線が手順1の折り目、赤の点線が手順2でつけた折り目です。画像のように、十字に折り目を入れることができたら、折り紙を右へ90度回転させ、四角になるように置きましょう。

手順3 右上の角と左下の角を斜めに結ぶ折り目(点線部分)に沿うように、左上の角を三角に折ります。

手順4 次は、左上の角と右下の角を結ぶ折り目に沿って左下の角を折ります。わかりにくい人は画像の点線を参考にしてくださいね。

手順5 手順4で折った左側の角をつまみ、手順4の折り目に沿うよう角を引っ張りながら内側を広げ、赤色の三角と白色の三角ができるように折ります。このときにできた白色の三角の2つの角が手順3の折り目に沿うように折れていれば大丈夫です。

手順6 右下の角を左下の角に合わせて三角になるように折りましょう。手順3と同じ斜めの折り目に沿うように折れていれば大丈夫です。

手順7 手順6で折った角をつまんだ内側に折り目があります。画像の点線部分のあたりです。その折り目に沿うよう、手順5と同じ要領で引っ張りながら内側を広げるようにして折りましょう。

手順8 右上の角を右下の角に合わせるようにして折り、しっかりと折り目をつけたら元の状態に戻します。

手順9 手順3で折った部分の下側にくるよう、折り目に沿って折りこみます。

手順10 手順5や手順7と同じ要領で、右下の角を指でつまみ、引っ張りながら内側を広げてります。折り目がついているため、スムーズに折ることができると思います。

手順11 手順10で折った左の角の部分の下にある折り紙を引っ張り出し、上にくるようにします。

手順12 手順11で上になった折り紙の右の角をつまみ、引っ張るようにしながら内側を広げ、折り目に合わせて折りましょう。折ったときにできた左の角は、画像の矢印部分の隙間に入れ込みます。

手順13 中心の4つの角を三角になるように折って広げれば完成です。

一見難しそうですが、花びらの部分は同じ要領で内側を広げながら折っていくだけなので、一度覚えれば簡単に折ることができます。わかりにくい部分は以下の動画をチェックしながら折りすすめてみてくださいね。

まとめ

単色の折り紙でも見た目がきれいですが、表が赤、裏が黄色の折り紙を使えば、花びら部分が赤、中が黄色になり、より椿(つばき)っぽさが増しますよ。ちょっとした飾りやブローチにアレンジしてもかわいい椿。是非、画像や動画を参考にして、いろんな色の椿を作ってみてくださいね。

ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー