あの人に聞いてみよう!YouTuber いっちー&なるにインタビュー!

公開日: 2020/03/31

普段何気なく使っているパソコン。オトナになれば、どんな仕事をしていてもほぼ毎日パソコンを使うことになるでしょう。それは、みんながあこがれるような、夢の仕事でも同じこと。そこで、あこがれの仕事のオトナたちは、どんなふうにパソコンを使っているのか、突げきリポートします!

今回は、みんながあこがれる「YouTube(ユーチューブ)」の仕事、「YouTuber(ユーチューバー)」を紹介します。お話を聞かせてくれたのは、人気チャンネル『ボンボンTV』に出演中で、2人のオリジナルチャンネル『いちなるTV』でも動画を配信している、“いちなる”こと、いっちー&なるのお二人です!

―いつも楽しい動画を配信してくれてありがとうございます!でもあんな楽しいYouTube動画は、一体どうやって作っているんですか?

いっちー:YouTube動画を作るには、『企画(きかく)』『撮影(さつえい)』『編集(へんしゅう)』の3つのステップが必要になるんだよ。

なる:そうそう。どんな動画を撮影するか、アイデアを考えるのが企画。そして、企画に合わせてカメラで動画を撮るのが撮影。そして、撮影した動画をみんなにより楽しんでもらえるように、効果音を付けたり文字を入れたりして、面白いところの詰め合わせにする作業が編集だね。

いっちー:10分~20分ぐらいの動画でも、作るために掛かっている時間は実は6時間~7時間ぐらい。とても大変な作業なんだよ。

―ひとつの動画を作るのに、そんなにたくさんの時間がかかるんですね。

なる:そうなの。逆にがんばって1時間ぐらい撮影しても、編集したら5分ぐらいの動画になっちゃったりもするしね。

いっちー:今のところ、1日に作れる動画の数は1本が限界かなー。

―パソコンはどんなときに使っているんですか?

なる:実は、ほとんど全部の作業でパソコンを使っているよ。

いっちー:例えば企画のときは、おもしろいアイデアをどんどんパソコンで書いていって、なると一緒にどれにしようか考えたりもするね。

なる:意外と二人で意見が分かれちゃったりね。撮影のときも、動画データはパソコンに保存するし、編集のときはずっとパソコンとにらめっこ。

いっちー:パソコンの画面も今では2台になっちゃったね。片方の画面で撮影した動画を見ながら、もう片方の画面で音をいれたり。最初はノートパソコンでやってたんだけど、画面が小さいと目もつかれるし、作業もしにくくて…。

なる:だよね。私もいまではスマホよりパソコンを見ている時間の方が長くなってるなー。調べものとかをするときも、パソコンの方が楽なんだよね。

―人気のYouTuberになるために、どんなことをがんばりましたか?

いっちー:最初の頃はパソコンも全然使えなかったから、写真を加工する方法とか、テロップ(画面に表示される文字)を入れる方法とか、一つひとつ勉強しながらだったね。

なる:うんうん。テレビとか他のYouTuberの動画を見て、面白い編集の仕方を研究したり。注目して見てみると、子ども番組で使われることが多い文字とか、お笑い番組で使われることが多い効果音とか、共通点があったりするんだよね。

いっちー:その上で、どうやって自分の個性を出していけるかも考えたなぁ。私はツッコミ担当だから、動画でもツッコミを入れる感じのものを作ることが多いけど、なるの場合はとにかくコミカルな動画を作ることが多いかも。

なる:いっちーの編集を見てると、音の種類が豊富で、かかっている音楽にもこだわってるなーって感じがすごくする。私のボケも、いっちーがちゃんとツッコミを入れてくれるからおもしろい動画になるんだよ。

―YouTuberになってみて、子どもの頃にもっとやっておいた方が良かったと思うことはありますか?

なる:パソコンの画面を見ずにキーボードを打つ、「ブラインドタッチ」の練習をしておけば良かった。今は慣れてきたけど、最初は本当にキーボードを見ながら一本指で打っていて、編集にもすごい時間がかかっちゃってたし。

いっちー:今のなるはほとんどブラインドタッチができてると思うよ?

私の場合は、もっと色んなことにチャレンジしておけばよかったって思うかな。例えば英語をもっと一生懸命(いっしょうけんめい)勉強していれば、英語の動画を作ることができたかもしれないし、ゲームが好きならゲームの動画を作ることもできたと思う。

YouTuberの仕事って、これまで自分がやってきたことが全部アイデアになるから、いろいろな経験をしていれば、それだけ活躍の幅も広がるんだよね。

―お二人はこれからYouTuberとして、どんな風になっていきたいですか?

いっちー:スターになりたい!昔はなんとなくみんなの憧れになるような存在になりたいと思っていたけど、YouTuberになって自分を知ってくれる人が増えると、どんどん遠くまで私の声が届くようになった気がする。だからこそ、YouTuberをきっかけに、もっと色んなことに挑戦して、もっとたくさんの人に声を届けていきたいな。

いちなるTVはまだ立ち上がってから3カ月のチャンネル。やっと私たちの個性も固まってきたかなっていう感じだから、これからはもっと私たちらしさを全開にして、いちなるTVにしかできない色んな企画に挑戦していくね!

なる:私は昔から人を笑せるのが大好き!だからこそ、もっともっと有名になって、世界中の人に笑顔を届けられたらうれしい。いつかヒカキンさんぐらい有名になるぞ!

あとは、歌やダンスが好きだから、そんな動画も作っていきたいな。それからもっとプライベートな部分も見せていったり。ファンのみんなにとってもっと身近な存在になれるように、これからもいっぱいがんばる!

―最後にYouTuberを目指している子どもたちにメッセージをお願いします。

いっちー:夢を大きく持つことはいいことだと思う。好きなことに一生けんめいに、興味があることにはいま以上に前のめりになってやってみよう!学校の勉強も大事だね。あと、仲間を大切に!

なる:みんな、「できない理由」を探して、やりたいことや好きなことをやらないんです。「友だちにバカにされるかも…」とか考えないで、まずやってみることが大事だと思うよ!

Profile:
いちなるTV
https://www.youtube.com/channel/UCFRbBdmVBHA7PeAuctRx1rQ
2015年スタート、チャンネル登録者数200万人超(2020年3月現在)毎日配信チャンネル「ボンボンTV」にレギュラー出演。そのスピオンオフ番組で、2人がメインのチャンネル「キッズボンボン」が、2019年11月から「いちなるTV」とリニューアル。企画から編集まで、2人の個性がより表れた動画を連日配信している。

―いちなるTVのお二人が、動画の作り方をイチから教えてくれる「【いちなる】の動画の作り方」の授業動画も配信スタート!
この動画を見て、実際に自分でもYouTuber風の動画を作ってみては? くわしくは下のリンクからチェックしよう。

この記事をいいねと思ったらクリック!

9ワンダー