折り紙でにわとりを作ってみよう!【平面なにわとり】

公開日: 2022/03/08

よちよち歩くひよこも可愛いですが、成長したにわとりは凛とした立ち姿で別の可愛さがありますよね。そんなにわとりを折り紙で作る方法を見ていきましょう。今回は、平面的なにわとりと立体的なにわとりの2タイプの折り方をご紹介します。

目次
簡単でかわいい!平面なにわとりの折り方
関連記事
ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

簡単でかわいい!平面なにわとりの折り方

手順1 折り紙の表面を下にし、角が手前にくるように置いたら、横長の三角形になるよう、上下の角を合わせて折ります。横長の三角に折れたら、右の角を左の角に重ね合わせ、半分に折りましょう。

手順2 上の1枚を持ち上げ、折り紙の内側に指を入れて広げながら四角に折ります。丸印の部分の角をしっかりと合わせてから折り目をつけるときれいな山折りができます。

手順3 裏側も手順2と同じように、四角に折ります。折り紙をひっくり返したら、左の角を右に折りずらしましょう。反対に折りずらしておくことで、内側を開いたときに簡単に四角に折ることができます。

手順4 下半分が三角形になるよう、真ん中の縦の折り目に沿って左右の角を折ります。しっかりと折り目をつけたら、元の状態に戻しましょう。画像の赤の点線部分にしっかりと折り目がついていれば大丈夫です。

手順5 一番上の折り紙をめくって内側を開き、中心に折り紙の縁がくるよう折ります。手順4の折り目で山折りになるよう内側に折り、角を整えながら折るときれいに折れますよ。

手順6 左の角が右の角に重なるよう、左側へ折りずらしましょう。だんだんにわとりのシルエットに近づいてきました。

手順7 折り紙をひっくり返し、左の1枚を右へ折りずらします。写真のような感じになっていればOKです。

手順8 手順7で折りずらした部分を開き、下の角の1枚を上に折り上げます。開いたときにある左右の角で半分に折りましょう。折れたら、開いた部分を元の状態に戻し、折り上げた部分を外側へ少し出しておきます。

手順9 手順8で折った部分の内側を開き、少し折り曲げます。反対側の面も同じように折り曲げましょう。両面が重なるように折れている方がキレイに見えるため、折りしろが同じ幅になるよう注意しながら折りましょう。

手順10 右上の角を中割り折りします。内側を開いて、真ん中の折り目に合わせて角を折り曲げ、素開いた部分を元に戻して、折り曲げた角を引き出すのが中割り折りです。

手順11 左上の角も、手順10と同じ要領で中割り折りをしたら、お正月の飾りにもピッタリなにわとりの完成です。

ご紹介したにわとりの作り方なら、平面的なのにふっくらとしたシルエットがかわいいにわとりを作ることができます。手順も比較的簡単で、時間もほとんどかかりません。

中割り折り部分が少し難しいですが、やり方を覚えれば小さなお子さまでも簡単に作ることができるので、動画を参考にしながら親子で作品を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ワンダースクールでおりがみのおり方を動画で学ぼう!

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー