【折り紙】ひまわりの作り方│5つの折り方を覚えてお家を飾り付け!

公開日: 2021/03/30

太陽がキラキラ照りつける夏、元気いっぱいに咲く花といえば、ひまわりですよね。迫力のある鮮やかなイエローの花びらや子供の身長を超えてしまうくらいグングン成長する姿を見ているだけでも元気が出ます。今回はそんな夏の花、ひまわりの折り方を紹介! 簡単につくれるひまわりから、難易度の高い立体的なひまわりなど5種類を図解します。上手にできたら名札などにつけてみましょう!

目次
【折り紙】超簡単なひまわりの作り方
【折り紙】平面的なひまわりの作り方①
【折り紙】平面的なひまわりの作り方②
【折り紙】平面的なひまわりの作り方③
【折り紙】立体的なひまわりの作り方
全体のまとめ

【折り紙】超簡単なひまわりの作り方

【必要なアイテム】
・ひまわりの花びらに近い色の折り紙 4枚
・ひまわりの種に近い色の折り紙 1枚
・はさみ
・のり
・ペン

1. 折り紙を一枚用意し、色のついている方を表にして置きます。



2. 半分に折る工程を3回繰り返し、8等分の折り目をつけます。


 
3. 折り目に沿って、じゃばら折りにしていきます。



4. 真ん中の部分で半分に折り、リボンのような形にします。



5. 図のように中心部分を貼り合わせ、一度とじて折り紙を正面に向けたら先端をはさみでまるく切ります。この時、ペンなどで切る部分を書いておくと失敗しませんよ。同じものを全部で4つ作りましょう。


 
6. 4つのパーツを円になるようにのりで貼り合わせます。



7. 新しい折り紙を一枚用意します。ペンなどでタテヨコに線を引いて種の部分をまるく切り取り、花の中心に貼ったら完成です!

【折り紙】平面的なひまわりの作り方①

【必要なアイテム】
・ひまわりの花びらに近い色の折り紙 2枚
・ひまわりの種に近い色の折り紙 1枚
・はさみ
・のり

1. 折り紙を2枚用意し、それぞれ半分折りを2回して十字の折り目をつけたら、線に添ってはさみでカットして4枚に分けて、合計8枚になるようにします。



2. 白い裏面を表にして三角に谷折りし、図のように折り目を付けます。



3. 下の部分を中心に向かって折り、折り目をつけて一度ひらきます。


 
4. 中心の線に合わせて三角に折ります。



5. 先ほどつけた上部の折り目に合わせて、右端を図のように折り、折り目をつけます。


 
6. 折り目に合わせて内側に折り込みます。
上から見たとき、こんな風になっていればOKです。




7. 6で折り込んだ角にかぶせるように、上部の1枚を内側に折ります。
上から見てこんな風になっていればOKです。
8. 1〜7を繰り返し、同じものを8つ作ります。



9. 図のように、向かって左側の角をすき間に差し込みましょう。



10. すべて差し込み、円を作ります。



11. 裏返して色の部分が全面に見えたら花びらの完成です!



まだ真ん中が空洞になっているので、続いて種の部分を作ります。
12. 折り紙を1/4サイズにカットし、タテヨコにたくさん(目安としてタテ4回、ヨコ4回など)折り目がつくように折ります。



13. 花を裏返します。中心になる種の部分は色のついている方を表にして、花の上に重ねます。


 
14. 種の部分の4つの角を花のパーツに合わせて内側に折ります。




15. 上に重ねていた茶色の折り紙だけを裏返しにします。



16. 14で作った茶色の折り紙の4つの角を花のすき間に入れます。



17. 表に返したら完成です!



今回は花びらの部分を1枚の折り紙を1/8サイズにしてつくりましたが、8枚の折り紙をつかって折ってもOKですよ! 図のような大きく迫力あるひまわりを作ることができます。

【折り紙】平面的なひまわりの作り方②

【必要なアイテム】
・ひまわりの花びらに近い色の折り紙 1枚
・ひまわりの種に近い色の折り紙 1枚
・はさみ

1. 折り紙を1枚用意します。



2. 白い部分を面にして、半分に折り、図のように折り目をつけましょう。



3. 中心の折り目に合わせて左右の端を内側に折ったら、裏返しましょう。



4. 半分に折ってヨコに折り目をつけたら、戻します。



5. 折り目に合わせて上下部分を折ったら、また戻します。全部で8つの四角ができました。



6. 上半分を広げながらつぶすように折り、家の屋根のような形を作ります。



7. 下半分も同じように折ります。袋部分が表になるように置きましょう。



8. 右上部の先端を広げて、つぶすように折ります。この時、袋の中に指を入れるときれいな形に折ることができます。



9. 右下、左上、左下の4か所すべて同じように折ってみましょう。



10. 図のように左右の端と上の三角部分を折り、戻します。



11. 広げながら中心の線に向かって折り、剣のような形を作りましょう。
12. 4か所すべて同じように折ります。



13. 中心部分を図のように外側に向けて折ります。上下左右、全部同じように折りましょう。



14. 上下左右にある角を内側に折ります。

ひまわりの花びら部分が完成しました。
続いて中心になる種の部分をつくりましょう。

15. 茶色い折り紙を1/4サイズにカットします。



16. 折り紙の白い面を表にします。三角に2回折って、図のように折り目をつけます。



17. 中心に向かって図のように折ります。



18. 花びらの真ん中に、種の部分になる折り紙の角を図のように差し込んでいきましょう。

これで完成!

【折り紙】平面的なひまわりの作り方③

【必要なアイテム】
・ひまわりの花びらに近い色の折り紙 1枚
・ひまわりの種に近い色の折り紙 1枚
・はさみ
・のり

1. 折り紙を、三角に2回折って図のように折り目を付けます。



2. 中心に向かって図のように折ります。



3. 4か所すべて同じように折ります。



4. 中心に集まった4つの三角を外側に向けて折り返します。



5. 一度折り紙をひろげて図のような状態にします。



6. 下部の角を赤い点くらいの部分まで持ってきて折り目をつけて、もとに戻します。



7. 残りの3つの角も先ほどと同様、赤い点はありませんがだいたい同じくらいの場所をめがけて折り、同じようにひろげます。



8. 折り目に対して、図のようにペンでしるしをつけましょう。色を変えるとわかりやすいです。



9. 赤い線を谷になるようにして折り目をつけます。4つとも同じように折り目をつけましょう。



10. 一度戻したら、図のように折り目に沿って折りたたみます。



11. 4か所すべて同じように折ります。



12. 裏返し、下部を中心の線に向かって折ります。



13. 4か所すべて同じように折ります。



14. 最後に折った箇所を折り紙の内側に折りたたんで入れていきます。



15. 裏返したら、上下左右にある四角の部分を図のように内側に倒して折ります。



16. さらに図のように中心の線に向かって内側に折りたたみ、上下左右に三角の形を作ります。



17. 表に戻したら、花びらの部分が完成です。

続いて種の部分をつくります。

18. はさみで1/4サイズにカットした折り紙を1枚用意します。



19. 白い面を表にして2回三角に折り、図のような十字線になるように折り目を付けます。



20. 4つの角を中心に向けて折ります。



21. 先ほどと同様、さらに4つの角を中心に向けて折ります。



22. 図のように上下左右の角の部分を少しだけ(1/3程度)折ります。少しカクカクした丸ができればO Kです!

お花の上にのりで貼り付けたら、ひまわりの完成です!

【折り紙】立体的なひまわりの作り方

【必要なアイテム】
・ひまわりの花びらに近い色の折り紙 1枚
・ひまわりの種に近い色の折り紙 1枚
・はさみ
・のり

1. 花びら用の折り紙と、はさみで1/4サイズにカットした種用の折り紙を用意します。



2. それぞれの折り紙を三角に2回折り、図のように十字線の折り目をつけます。



3. 折り目が重なるように2枚の折り紙を重ねて、のり付けします。のり付けするときは一気にのりを塗らず、茶色の種用折り紙の半分につけて貼り付け、位置を調整しながら半分を貼り付けるときれいにできます。



4. 折り紙がかわいてきたら、4つの角を中心に合わせるように折ります。



5. 裏返して、中心から半分に谷折りにし、三角形を作ります。



6. さらに半分に折り、折り目をつけます。2枚の折り紙がくっついているので厚みが出てきています。ちょっと力は必要ですが、折り目がきちんと出るようしっかり折りましょう。



7. 指を入れて角をひらき、つぶすようにして折りましょう。



8. 裏側も同様につぶすように折ります。



9. 角をひらき、中心の線を合わせながらつぶすようにして折ります。



10. 残りの3面も同様に折ります。



11.折り紙の1面を左側にめくって、隙間から折り紙の色が見える向きにします。



12. 図のように左右の下部を中心の線に合わせるように折ります。



13. 残りの3面も、12〜13の手順と同様に折ります。



14. 上下を逆さまにしたら、図のように折り目をひらきましょう。



15. 点線の箇所が谷になるように折り下げて角をひらきながらつぶすように折ります。



16. 残りの3面も16と同様に折ります。



17. 点線の部分で折り上げます。折り紙が厚くなってきているのでしっかり折れているか、確認してあげましょう。



18. 残りの3面も同様に折ります。



19. 図のように1枚めくって外側に開きます。



20. 角と角を合わせるように折ります。



21. 残りの3面も、19〜20と同様に折ります。



22. 折り紙の色が見える側を上にして、図のように指でつまむように持ちます。



23. 対角上に持つ位置を変えながら、ゆっくり両方向に引っ張ります。引っ張るときは、下の茶色い折り紙がずれないようにそっと引っ張るのがコツです。あわてて引っ張ってしまうと、折り紙がやぶれてしまうことがあります。



24. 茶色い部分がひらいたら、黄色い花びらの部分が外側に出るように指でかたちを整えます。



横から見たとき図のようになっているのがベストです。途中で強く引っ張りすぎたりすると、黄色と茶色の折り紙がはがれてしまい、隙間が出来てしまいます。

25. 図のように広がったら、立体的なひまわりの完成です。

全体のまとめ

ひまわりが咲く7月、8月はちょうど夏休み期間中です。折り紙で手作りのひまわりを作って、出来上がったものをおうちの壁面に飾って壁画っぽくしたり、手紙やカードに貼り付けたりするのもいいでしょう。また、ひまわりの花がたくたん折れたらボリューム感も出ますのでリースや花束を作ってプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。今回はひまわりの花を作りましたが、難しい折り方がクリアできたら次は葉っぱチャレンジしてみてください。花と葉を合わせることで、かわいいひまわり畑ができますよ。

この記事をいいねと思ったらクリック!

1ワンダー