折り紙でもみじを作ろう!5種類の折り方解説│全部作れるかな?

公開日: 2021/03/30

木々の葉っぱが赤やオレンジに色づく11月。親子でゆっくりお散歩しながら、きれいな紅葉をたのしみたいですね。散歩から帰ったら、家の中の壁面をカラフルなもみじで飾ってみませんか? 今回は、簡単なものから難しいものまで、5種類のもみじの作り方を紹介します。子供と一緒に作れば、秋のたのしい想い出になりますよ。

目次
折り紙で作るもみじの作り方①
折り紙で作るもみじの作り方②
折り紙で作るもみじの作り方③
折り紙で作るもみじの作り方④
折り紙で作るもみじの作り方⑤
全体のまとめ

折り紙で作るもみじの作り方①

お家ではもちろん、幼稚園や保育園でも作ってたのしめる、簡単なもみじの作り方から紹介しましょう。

【必要なアイテム】
・もみじに近い色の折り紙 1枚
・はさみ
・ペン

1. 三角形に2回折ります。



2. 上の角を左の角に合わせて半分に折ります。



3. 2回ひらいて、左から谷折り、山折り、山折りの折り目がついている面を上にします。
4. 一番左側の谷折りを山折りに直します。



5. 山折りにした部分を、左端から5㎜ほどずらして折ります。


6. 真ん中の山折りも同じように、折り線から5㎜ほどずらして折ります。



7. 最後の山折りも同じように、5㎜ほどずらして折ります。



8. はさみで線のような形に切り取ります。小さな子供がはさみを使うときは、大人が手伝ってくださいね。



9. ゆっくりと開いたら、もみじのできあがり。平べったいもみじなので、壁面などの平面に貼りやすいですよ。



10. 折り紙の色や切り方を変えて、いろんなもみじを作ってみましょう。


作ったもみじを型紙にすれば、紙を切るだけで同じもみじが作れます。折った折り紙のもみじの周りに散らしてもキレイですよ。

折り紙で作るもみじの作り方②

次に、立体的なもみじを折ってみましょう。
難しい部分もありますが、リアルなもみじを作れますよ。

【必要なアイテム】
・もみじに近い色の折り紙 2枚(葉と茎用)

1. 逆三角形に折ります。



2. 右の角を左の角に合わせて、半分に折ります。



3. 上1枚を開いて、袋になった部分にゆびを入れて四角に折ります。



4. 裏返して、同じように四角に折ります。



5. 左下の線を中心線に合わせて折ります。右側も同じように折ります。



6. 頂点から折り目に合わせて折り下げます。



7. 折り目をつけたら開きます。



8. 1枚めくって折り目に沿ってひらき、細長いダイヤの形になるように折ります。



9. 裏返して、同じように折ります。



10. 真ん中の横線の位置で手前の折り紙を折り下げて、頂点と下の角を合わせます。



11. 裏側も同じように折ります。



12. 中心線に合わせて左右折ります。裏面も同じように折ります。



13. 右側から1枚めくり、下部を折り上げながら、めくった1枚を元に戻します(中割折り)。



14. 同じように下部を折り上げながら、左側から折りたたみます(中割り折り)。なるべく等間隔で折るのがポイント。



15. 同じように下部を折り上げながら、左側から折りたたみます。先に折ったところと重ならないように調節します。



16. 最後に残った下部を持ち上げて、線の部分で裏返すように折ります(かぶせ折り)。



17. 形を整えたら別の紙で作った茎を貼りつけ、表を向けたら完成です。



18. 立体的なもみじは壁面に飾ってもよいですが、箸置きとして使うのもおすすめ。秋の季節感をおしゃれに演出できそうですね。

最後のかぶせ折りが少し難しいかもしれません。
折り方が分からないときは、大人と一緒に作ってみてくださいね。

折り紙で作るもみじの作り方③

子供も高齢者も簡単に折って作れる、もみじの作り方を紹介します。はさみも使わないので、幼児でも安心して作れますよ。

【必要なアイテム】
・もみじに近い色の折り紙 1枚

1. 三角形に折ります。



2. 開いて、折り目がついている角と角を合わせて、三角形に折ります。
3. 開くと十字の折り目がついています。



4. 右下の直線を中心線に合わせて折ります。左側も同じように折ります。



5. 裏返して、下の角を頂点に合わせて折り上げます。



6. また裏返して、右側の袋を開き、中心線に合わせて上から折っていきます。左側も同じように折ります。



7. 上下の向きを逆にして、下の角を頂点に合わせて折ります。折るのは上の1枚だけです。



8. 裏返して、上の2股に分かれている三角形を、左右とも下向きに折ります。



9. 先ほど折った部分を、今度は斜め上に折り上げます。



10. 一番下の角を持ち上げ、頂点に合わせて折ります。



11. 折った部分を、下の線から少しはみ出るように折り下げます。



12. 下の部分を線に合わせて谷折りにします。左右同じように折ります。



13. 表を向ければ完成です。簡単に作れるので、ぜひ折ってみてくださいね。

このもみじの折り方は、覚えてしまえば簡単です。手紙を書いてもみじの形に折って渡したら、喜ばれそうですね。作り方は動画でも見ることができますよ。

折り紙で作るもみじの作り方④

小さな折り紙を6枚用意して、大きなもみじを作ります。

【必要なアイテム】
・もみじに近い色の折り紙(7.5×7.5cm) 6枚
・のり

1. 三角形に折ります。



2. 開いて、左右の上の線を中心線に合わせて折ります。



3. 下の三角形を、折り上げて折り目をつけます。
4. ひらいて、折った部分を内側に入れます。



5. 左右の角を中心線に合わせて折り、折り目をつけます。



6. 折った部分を開いて、点線の部分を谷折りにしながら、ゆびで挟むように左右それぞれ折りたたみます。



7. 折り目をしっかりつけたら一度ひらいて、内側をのりで貼りつけます。



8. 同じものを5つ用意します。ここから右の形を作っていきます。



9. まず2つ取って、1つの右側のひし形にのりを付け、もう1つの左側を重ねるように乗せて貼りつけます。



10. また2つを取ります。今度は左側のひし形にのりを付け、もう1つを重ねるように貼り付けます。



11. セットになったものが2つできます。
12. 左側のセットの右のひし形にのりを付け、残った1つを少しずらして貼りつけます。

右側のセットの左のひし形にのりを付け、真ん中の位置にくる葉っぱが少しズレるように貼り付けます。もみじの葉の部分の完成です。

14. ここからは、別の1枚の紙で茎を作ります。下の角を少し折り、くるくるとたたんでいきます。



15. 最後まで巻いたら、のりをつけて閉じます。



16. 余分なところをはさみで斜めに切り落とします。



17. もみじの葉の裏側に、茎をのりで貼りつけます。茎が取れないように、のりが渇くまでしばらく置いておきましょう。



18. 表を向けると、大きなもみじの完成です。立派なもみじなので、プレゼントしても喜ばれそうですね。

きちんとのりづけしていれば、茎の部分を持っても壊れにくく、どこかに刺して飾ることもできます。作り方は動画でも公開されているので、チェックしてみてはいかがでしょう。

折り紙で作るもみじの作り方⑤

最後に、折る工程が多くて難しいもみじにもチャレンジしてみましょう。
複雑な部分もありますが、慎重に折り進めれば、可愛いもみじが作れますよ。

【必要なアイテム】
・もみじに近い色の折り紙 1枚

1. 三角形に折ります。
2. 右の角を左の角に合わせて折りたたみます。



3. 上の袋部分をひらいて四角形になるように折ります。



4. 裏返して、同じように四角形に折ります。
5. 左上の直線を中心線に合わせて折り、折り目をつけます。



6. 折った部分を戻して袋を開き、折り目に合わせて折ります。



7. 折った部分の右下の直線を中心線に合わせて折ります。左側も同じように折ります。
8. 折り目をつけたら開いて、折り目に合わせて折っていきます。下から少しずつ折ると、形を作りやすいでしょう。



9. 真ん中あたりにある三角形を、下に向きに倒します。



10. 折り紙を裏返して5〜9と同じように折ったら、四角形の左右下の直線を中心線に合わせて折ります。



11. 上の三角形を、下向きに折ります。


12. ひらいて、元の形に戻します。



13. 上1枚をめくり、横の折り目のところで上に開きます。



14. 折り目に合わせて、下から折っていきます。細長いダイヤの形になります。
15. 上の2股の部分を持って左右にゆっくりと開いていきます。



16. 左右に広げたものを元の位置に戻しながら、真ん中の余った部分を内側に折りたたみます。



17. ダイヤの形に戻します。
18. 真ん中の横線の部分から、下向きに折ります。



19. 裏返して、左側の1枚をめくって右に倒します。
20. 下の角を頂点に合わせて折ります。



21. 今折った部分の、下から5㎜くらい上のところで折り下げます。
22. 左上の直線を中心線に合わせて折ります。



23. 右側の上から2枚をめくり、左側に倒します。



24. 下の角を頂点に合わせて折り、真ん中より5㎜ほど上のところで折り返します。



25. 右上の直線を中心線に合わせて折ります。
26. 左側の1枚をめくり、右側に倒して裏返します。



27. 二股に分かれている下の部分を、真ん中から上に折り上げます。



28. 折った部分の右側を、上の横の折り目と一直線になるように折ります。左側も同じように折ります。



29. .折り目がついたら袋部分を広げて、左右同様に葉っぱの形に折ります。



30. 下の二股に分かれている部分を、上の紙に合わせて折り上げ、折り目をつけます。



31. 先ほどと同じように左右の端から開いて、葉っぱの形に折ります。折った時の上の線が、なるべく一直線になるように折るのがポイント。



32. 裏返すと、3層になっています。



33. 上の紙の左下の線を中心線に合わせて折ります。袋状の部分は開いて折りたたみます。



34. 右側も同じような手順で折ります。少し手間がかかりますが、ていねいに折っていきましょう。



35. 左右の大きな葉(2層目)の下の角を、上向きに少しずつ折ります。



36. 表に返して葉を整えれば、リアル感のあるもみじの完成です。秋っぽくお部屋を飾ってみましょう。

折る工程が多いので、完成までちょっと時間がかかりますが、できあがったときに達成感を味わえます。きれいなもみじが完成すると、嬉しくなりますよ。

全体のまとめ

もみじの作り方を知っていると、秋のイベントがもっとたのしくなりそうですね。家族で折り方をシェアして、一緒にワイワイ折ってみるのもよさそう。
壁に木の形のウォールステッカーを貼って、枝の部分に赤や黄色、オレンジ色のもみじを貼りつければ、紅葉したもみじの木になりますよ!
簡単に作れるものもあるので、ぜひ折り紙を用意して、今回紹介したもみじを折ってみてくださいね。

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー