折り紙でゆきだるまを作ってみよう!4つの折り方をマスターできる?

公開日: 2021/07/15

雪が降ってくると、作りたくなるのがゆきだるま。本物のゆきだるまを作るのはちょっと大変ですが、折り紙なら幼稚園や保育園にいても簡単に作ることができます。今回紹介するのは、子供と一緒に楽しめるゆきだるまの作り方。なかには年少さんや年長さんが1人でも作れるような簡単な作り方もあるので、参考にしてみてくださいね。

目次
●折り紙で作るゆきだるまの折り方①
●折り紙で作るゆきだるまの折り方②
●折り紙で作るゆきだるまの折り方③
●折り紙で作るゆきだるまの折り方④
●4つの作り方をマスターして友達に教えよう!

●折り紙で作るゆきだるまの折り方①

まず紹介するゆきだるまは、からだだけでなく帽子も折り紙1枚で作れるタイプです。折る回数は多いですが、1枚でマフラーつきのかわいいゆきだるまが作れますよ。

【必要なアイテム】

・折り紙: 15×15cm 1枚
・顔を描くためのペン

1.タテ半分に折り、折り目を付けます。

2.3等分になるように、点線の位置を谷にして折り目を付けます。

3.点線の位置で折り、ヨコ半分にします。

4.点線の位置で折ってもう一度半分にします。

5.さらに半分にします。

6.一度すべてひらきます。2本の黒線を合わせるようにして、点線の位置に折り目をつけます。

7.もう一度2本の黒線を合わせるようにして、点線の位置で折ります。

8.裏返して、上の辺と下の折り目(図の黒線部分)を合わせるように、点線の位置で折ります。

9.下の辺と、下から3本目の折り目(図の黒線部分)を合わせるように、点線の位置に折り目を付けます。

10.手順9で付けた折り目に合わせて点線の位置で折ります。上下が図のようになればOKです。

11.裏返し、点線の位置で折ります。

12.右側も手順11と同じように、点線の位置で折ります。

13.2本の黒い線を合わせるように、点線の位置で1枚だけ手前に折ります。

14.丸を合わせるようにして、点線の位置に折り目を付けます。

15.図のような形にひらき、折り目に沿って点線の位置で折ります。

16.折り目に沿って点線の位置で折ります。左下を黒線で囲んだ部分に挟み込みます。図のようになればOK。マフラーの形が見えてきました。

17.裏返して赤い線を谷折りにしたあと、黒い線が重なる位置で折り返します。ヨコから見て図のようになればOKです。

18.手順17で折った部分を一度ひろげます。折り目に合わせて同じ手順を図の位置で繰り返します。

19.もう一度ひろげます。手順18で付けた折り目に合わせて、点線の位置に折り目を付けます。

20. 2本の黒い線を合わせるように折ります。

21.点線の位置に折り目を付けます。

22.手順20、21で折った部分をひらき、中割り折りで図のように畳みます。

23.折り目を使って、点線の位置で折ります。

24.丸で囲んだ部分の白い紙が上にくるように引き出します。

25.裏返して、点線の位置で折ります。

26.裏返して顔を描けば完成です!

●折り紙で作るゆきだるまの折り方②

続いては年少さんや幼児におすすめの簡単な作り方です。帽子の色を変えたり、手袋の角度を変えたりすれば、いろいろな表情のゆきだるまを作れますよ。

【必要なアイテム】

・ゆきだるま用の折り紙: 15×15cm 1枚
・帽子用の折り紙:7.5×7.5cm(ゆきだるまの1/4サイズ) 1枚
・手袋用の折り紙:3.75×3.75cm(帽子の1/4サイズ) 2枚
・のり
・顔を描くためのペン

【ゆきだるまの作り方】

1.タテヨコ半分に折り、折り目をつけます。



2.タテの折り目に合わせて、点線の位置で折ります。



3.点線の位置で外にひらきます。



4.2つの線を合わせるように、点線の位置で谷に折ります。



5.裏返して、点線の位置で裏側に折ります。



6.点線の位置で内側に折ります。



7.裏返すと、ゆきだるまの完成です。

【帽子の作り方】

8.タテヨコ半分に折り、折り目をつけます。



9.点線の位置で折ります。



10.点線の位置でさらに折ります。



11.裏返したら、真ん中の線に合わせるように点線の位置で折ります。



12.真ん中の線に合わせて、点線の位置でさらに折ります。



13.赤で囲んだ袋の部分を広げ、つぶすようにして図のような形に折ります。


14.左側も手順13と同じように折り、図のような形にします。



15.点線の位置で折り下げて、折り目をつけます。



16.手順15でつけた折り目に合わせて、裏側に折り込みます。



17.左側も手順16と同じように折り、図のような形にします。



18.点線の位置で折り、裏返せば帽子の完成です。

【手袋の作り方】

19.三角に折ります。



20.点線の位置に折り目をつけます。




21.真ん中の線に合わせて、点線の位置で折り下げます。



22.丸を合わせるようにして、点線の位置に軽く折り目を付けます。ヨコ全体に折り目をつけないのがポイントです。



23.手順22でつけた折り目を目印に、ふたつの丸を合わせるように点線の位置で折ります。



24.左側も手順23と同じように折り、図のような形にします。



25.下の一枚を、点線の位置で折り上げます。



26.右の角を少しだけ手前に折ります。



27.点線の位置で折り上げます。



28.点線の位置で折り下げます。



29.裏返せば手袋の完成です。



30.もうひとつ作る際は、手順25のときに「右」ではなく「左」をひらくようにしましょう。そのほかの流れは同じです。

【ゆきだるま、帽子、手袋を組み合わせる】

31.のりを使ってゆきだるま、帽子、手袋を組み合わせ、顔を描けば完成です。

●折り紙で作るゆきだるまの折り方③

ゆきだるまの作り方はまだまだありますよ。先ほどよりほんの少しだけ難易度を上げてみましょう。ゆきだるまと帽子、バケツを別々に作る作り方です。

【必要なアイテム】 

・ゆきだるま用の折り紙:15×15cm 1枚
・帽子用の折り紙:7.5×7.5cm 1枚
・顔を描くためのペン

【ゆきだるまの作り方】

1.タテヨコに折って、点線の位置に折り目をつけます。



2.3つの角を点線の位置で折ります。



3.裏返して、点線の位置で折り下げます。図のように、裏の角が上に向くようにしましょう。



4.ふたつの丸を合わせるように、点線の位置で折り上げます。



5.点線の位置で折り下げます。図のようになればOK。



6.裏返し、ヨコの折り目に合わせて点線の位置で折ります。



7.赤枠の袋になっているところを広げ、つぶすようにして図のような形に折ります。



8.右側も手順7と同じように折り、図のような形にします。



9.180度回転して上下の向きを変えましょう。赤枠の袋になっているところを広げ、つぶすようにして図のような形に折ります。



10.右側も手順9 と同じように折り、図のような形にします。



11.点線の位置6か所を手前に折ります。



12.裏返してゆきだるまの完成です。

【帽子の作り方】
13.半分に折り、三角を作ります。



14.〇と〇、△と△を合わせるようにして、点線の位置で折ります。



15.点線の位置に折り目をつけます。



16.上の角を黒枠の袋内に差し込みます。



17.裏返すと帽子のできあがりです。

【ゆきだるまと帽子を組み合わせる】

18.ゆきだるまに帽子をかぶせ、顔を描けば完成です。

●折り紙で作るゆきだるまの折り方④

せっかくなので作ったゆきだるまにはマフラーもつけてあげたいですよね。マスキングテープを使えば、かわいいマフラーが簡単に作れます!結び目の部分をつまんで貼ると、より本物らしく立体的に見えますよ。

【必要なアイテム】

・ゆきだるま用の折り紙:15×15cm 1枚
・顔を描くためのペン
・マスキングテープ(用意できれば)

【ゆきだるまの作り方】

1.タテヨコに折って、点線の位置に折り目をつけます。



2.真ん中の折り目に向かって、点線の位置で折り下げます。



3.点線の位置に折り目をつけます。



4.手順3でつけた折り目に合わせて、点線の位置で折り上げます。



5.巻き上げるように、点線の位置で小さく2回折ります。図のようになればOK。



6.裏返して点線の位置で折ります。右下の辺が1/3程度になる幅ならOK。



7. 図のように点線の位置で段折にします。



8.中心の線に合わせるように点線の位置で折ります。



9.赤枠の袋になっているところをひろげ、つぶすようにして図のような形に折ります。



10.右側も手順9と同じようにひろげて、図のような形にします。



11.下の角を、点線の位置で折り上げます。



12.裏返して顔を描いたらゆきだるまの完成です!柄のついたマスキングテープなどでマフラーをつけてあげるとさらにかわいらしくなりますよ。

●4つの作り方をマスターして友達に教えよう!

帽子・マフラー・手袋の色や折る角度を変えるだけで、いろいろな表情のゆきだるまが作れます。寒い時期に外に出て雪だるまを作るのはちょっと大変ですが、折り紙ならあたたかい室内にいても楽しめますね。サンタさんや雪の結晶、クリスマスツリーなども一緒に作って冬にぴったりな壁飾りを作るのもおすすめです。ちょっと難しそうなときやハサミを使いたいときは、大人がサポートしてあげると安心して作ることができると思いますよ。

<参考URL>
https://www.youtube.com/watch?v=WD6wH5QnP64
https://www.youtube.com/watch?v=Fl2Lv1kejhY
https://www.youtube.com/watch?v=GOAuhclkvXI
https://nukumore.jp/articles/2070

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー