折り紙でゆきだるまを作ってみよう!【両面折り紙使用】

公開日: 2022/03/04

雪が降ってくると、作りたくなるのがゆきだるま。本物のゆきだるまを作るのはちょっと大変ですが、折り紙なら幼稚園や保育園にいても簡単に作ることができます。今回紹介するのは、子供と一緒に楽しめるゆきだるまの作り方。なかには年少さんや年長さんが1人でも作れるような簡単な作り方もあるので、参考にしてみてくださいね。

目次
●折り紙で作るゆきだるまの折り方①
関連記事

●折り紙で作るゆきだるまの折り方①

まず紹介するゆきだるまは、からだだけでなく帽子も折り紙1枚で作れるタイプです。折る回数は多いですが、1枚でマフラーつきのかわいいゆきだるまが作れますよ。

【必要なアイテム】

・折り紙: 15×15cm 1枚
・顔を描くためのペン

1.タテ半分に折り、折り目を付けます。

2.3等分になるように、点線の位置を谷にして折り目を付けます。

3.点線の位置で折り、ヨコ半分にします。

4.点線の位置で折ってもう一度半分にします。

5.さらに半分にします。

6.一度すべてひらきます。2本の黒線を合わせるようにして、点線の位置に折り目をつけます。

7.もう一度2本の黒線を合わせるようにして、点線の位置で折ります。

8.裏返して、上の辺と下の折り目(図の黒線部分)を合わせるように、点線の位置で折ります。

9.下の辺と、下から3本目の折り目(図の黒線部分)を合わせるように、点線の位置に折り目を付けます。

10.手順9で付けた折り目に合わせて点線の位置で折ります。上下が図のようになればOKです。

11.裏返し、点線の位置で折ります。

12.右側も手順11と同じように、点線の位置で折ります。

13.2本の黒い線を合わせるように、点線の位置で1枚だけ手前に折ります。

14.丸を合わせるようにして、点線の位置に折り目を付けます。

15.図のような形にひらき、折り目に沿って点線の位置で折ります。

16.折り目に沿って点線の位置で折ります。左下を黒線で囲んだ部分に挟み込みます。図のようになればOK。マフラーの形が見えてきました。

17.裏返して赤い線を谷折りにしたあと、黒い線が重なる位置で折り返します。ヨコから見て図のようになればOKです。

18.手順17で折った部分を一度ひろげます。折り目に合わせて同じ手順を図の位置で繰り返します。

19.もう一度ひろげます。手順18で付けた折り目に合わせて、点線の位置に折り目を付けます。

20. 2本の黒い線を合わせるように折ります。

21.点線の位置に折り目を付けます。

22.手順20、21で折った部分をひらき、中割り折りで図のように畳みます。

23.折り目を使って、点線の位置で折ります。

24.丸で囲んだ部分の白い紙が上にくるように引き出します。

25.裏返して、点線の位置で折ります。

26.裏返して顔を描けば完成です!

関連記事

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー