折り紙で十二支を作ってみよう! 【猪(いのしし)】

公開日: 2022/05/31

最後は、十二支の12番目、いのししです。十二支の昔話では、ギリギリで駆け込んで十二支に入ったともいわれています。「猪突猛進」という四字熟語もあるくらい、まっすぐに突き進んでいくイメージが有名です。
今回ご紹介するのは、イノシシの赤ちゃん、「うりぼう」のようなフォルムのいのししです。

目次
猪(いのしし)の折り方
まとめ
関連記事

猪(いのしし)の折り方

【必要なアイテム】

・折り紙:15×15㎝ 1枚 (茶系がおすすめ)
・マジックペン

【作り方】

1. 半分の三角に折り、十字の折りすじをつけます。

2. 右の角が中心にくるように折ります。

3. 中心の折りすじで折ります。

4. 中心の折りすじで、折り下げます。



5. 一度開いて、上の角が中心にくるように折ります。


6. 右上の角(直角のところ)を、ななめの辺に合わせて折ります。


7. 角の先が外側に出るように、少しだけ折り上げます。


8. 点線の部分で、折り上げます。



9. 中心線で半分に折ります。


10. 指さしているところ(2頭分の真ん中)で、折り下げます。



11. 写真のように折り上げます。


12. さらに、先を折り下げます。


13. 耳になる部分に、ほんの少しだけ白い面が見えるように折ります。


14. 裏返します。


15. 上から見るとこのようになります。


16. 左の先を折り、白い面が見えるようにします。

17. 白い面を上に引っ張り、鼻の形を整えます。



18. しっぽの位置に合わせて、おしりの形を整えます。


19. マジックペンで、【目・体の模様】を描けば、完成です!


20. 立たせてみると、さらにかわいいです。

まとめ

今回は、「ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」の十二支についてご紹介しました。今年の干支、自分の干支など過多チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
また、顔や模様の描き方を工夫すると、いろいろな表情の動物が作れますね。アレンジもしやすいのでおすすめです。

関連記事

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー