折り紙で十二支を作ってみよう!【辰(たつ)】

公開日: 2022/05/31

続いてご紹介するのは、辰(たつ)です。空想上の生き物として、昔話や絵本に登場することの多い生き物です。竜・龍・ドラゴンなどと言われることもありますよね。 今回ご紹介する十二支の中では、出来上がりが最も大きいサイズになります。同じ色の折り紙を3枚使用します。

目次
関連記事

【必要なアイテム】

・折り紙:15×15㎝ 3枚 (緑、カーキ、グレーなど、暗めのカラーがおすすめ)
・マジックペン

【作り方】

1. まずは、顔パーツを作りましょう。



白い面が内側になるように、半分に折ります。

2. 一度開いて、縦方向にも半分に折り、十字の折りすじをつけます。







3. 右の辺が中央にくるように折ります。



4. 反対側も同じように、折ります。



5. 上の辺が中央に来るように折り、しっかりとすじをつけ、戻します。



6. 折ったところに指を入れて開きます。







7. 反対側も同じように、開きます。



8. 開いたところを、上に折り上げます。







9. 裏返します。



10. 下の辺が中央の折り線に合うように、折ります。



11. 今折ったところを、下の辺に合わせて折り下げます。



12. 裏返します。



13. 下の角が、中心にくるように、折ります。







14. 今折ったところに指を入れて開きます。







15. 反対側も同じように、指を入れて開きます。







16. 右上の三角の部分を、写真のように折ります。



17. 反対側も同じように、折ります。



18. 右の辺を、少し内側に向けて折ります。



19. 反対側も同じように、内側に折ります。(顔を細くするイメージ)



20. 点線の部分(頭の上辺を伸ばしたライン)で、折り下げます。







21. 折り下げた部分に指を入れて開きます。







22. 下の角を、少しだけ内側に折ります。



23. 裏返したら、辰(たつ)の顔パーツができあがりです!



24. マジックペンで、【眉・目・鼻】などを描きましょう。



25. 続いて、胴体のパーツを作ります。半分の三角に折り、十字の折りすじをつけましょう。



26. 左右の角が中心に来るように折り、一度開きます。







27. 今つけた折りすじのところに、右の角が来るように折ります。



28. 一度開いて、今度は折りすじに左の角が来るように折ります。



29. このように、たくさんの折りすじがついています。



30. 左から2番目の折りすじ(中心線のとなり)で、裏側に折ります。







31. 一番右側の折りすじで折ります。



32. 折りすじ幅の半分くらいになるように、折り戻します。



33. 今折ったところのはじを、写真のように折ります。







34. 指を入れて開きます。







35. 反対側も同じように、指を入れて開きます。







36. 折りすじ(中心線の右隣)にそって左側に折ります。







37. 裏返します。



38. ななめ下の辺が、右のたてに重なるように折り、一度開きます。







39. ななめ上の辺も同じように折り、一度開きます。







40. 折りすじにそって、先をつまみます。つまんだ先は、下に倒します。











41. つまんでいたところを、中心線に来るように折ります。



42. 裏返したら、辰(たつ)の胴体パーツができあがりです!



43. 最後に、しっぽのパーツを作ります。半分の三角に折り、十字の折りすじをつけます。



44. 右の角が中心に来るように折ります。



45. 裏返します。



46. 右の角が中心に来るように折ります。



47. 右の辺が中央の折り線に合うように折ります。



48. 裏返します。



49. 右の辺が中央に来るように折ります。



50. 下の角を折り上げます。



51. 左の角を折り上げます。







52. 今折った角が、細長い縦の部分に隠れるように、裏側に入れます。







53. 胴体パーツと、しっぽパーツを組み合わせます。しっぽパーツの中に胴体パーツを入れます。











54. 点線の部分で、裏側に折ります。







55. しっぽの先を、裏側に折り下げます。



56. 最後に、顔パーツも組み合わせます。



57. 胴体パーツの先を、緑のマジックペンで塗ります。



58. 塗ったところが少しだけ飛び出すくらいのところで、のり付けします。



59. 胴体の白い部分に模様を描くとさらに辰(たつ)らしくなりますよ。これで辰(たつ)の完成です! 

関連記事

この記事をいいねと思ったらクリック!

0ワンダー